FC2ブログ

月明かりの逃避行

蝶恋花の妄想ブログ。 気になるものをお絵かきします(*´ω`*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

天国にいる君へ

暖かい時間をありがとう
やわらかな思い出をありがとう

今は涙しか出てこないけど
君に笑ってありがとうって言いたいのに

最後のとき苦しくなかったかな?
君の人生は幸せだった?
私たちと暮らせて楽しかった?

生きてるだけでいいと思ってたけど
もう それすら許されなくなったんだね
わがままを言うなら
もう一度だけ 会いたかった

ずっと君は家族だから 愛してるから

私が天国に行ったら また一緒に暮らそうね



 * * *

実家で飼っていたわんこが今日、亡くなってしまいました
小学校時代から一緒に大きくなった、もうおじいちゃんわんこでした
彼と過ごした時間は、本当に暖かくてやわらかくて
大切な決断の時にはいつもそばにいてくれた
今はただ、死に際に会えなかったことがとても悔しいです
でも彼にもう一度会えるなら、一言、ありがとうって言いたい

こんなこと公開の日記に書くのは不謹慎かもしれない
けど私があえて公開の日記を選んだのは、彼という一匹の犬の存在とその消失を知ってほしかった
たくさんの人に
人が大好きだった彼も、きっと喜ぶと思うのです
それにネットの中に残すことで、生前の彼がここに生きている
そう思うから

涙は彼へのはなむけにはふさわしくないけど
もうしばらく君の事、思っててもいいかな?
スポンサーサイト

Comment

[17]

そうなんだ…ショックだ。
第三者の勝手な憶測だけど絶対幸せだったと思うよ。
大好きな家族と毎日一緒に居れたんだから。
わっほわっほって元気だった彼しか知らない私は「恋花の家の子になれて良かったね。お疲れ様。」と言いたい。

[18]

いつだったか、写真を見せてもらったような気がします。
おじいちゃんわんこだとは聞いてたけど、とうとうその日を迎えたんですね。
私なんかが不用意に何か言うことはできませんが、それだけ大切に思ってもらえて、
そしてそれはこういう場に日記として敢えて書こうと思わせるほどで、上手く言えませんが
やっぱり幸せだったのだろうと思います。
そして蝶さんも、元気出してね。

[19] カルキ>

カルキにもすごくなついてたよね。もう2年くらいの間、歩けなくて座ったままの生活が続いてたんだ。
ありがとう、自分じゃない誰かから、「彼は幸せだったよ」って言ってもらえるだけで
とても楽になったよ。本当にありがとう。
そして悲しんでくれて、ありがとう。

[20] まろげん>

それは・・・犬馬鹿が炸裂してすみませんw
彼と私では、時の流れが違うってことをちゃんとわかっていたはずなのに、やっぱりその日が来てしまったことを素直には受け入れられなかっただけなのかも。
ちゃんと文章にして、言葉で言って、心で感じて、
すべての五感を使ってようやく、もう彼がいないってことをちゃんとわかるのかな。
まだ見ていないから、彼がいないってことを証明できないでいるのかもしれない。
でも、まろげんが彼のことを少しでも考えてくれたなら、本当にありがとう。
うまくいえないけどそれだけで本当にうれしいよ。
ありがとう、私も少し元気が出てきた。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tyorenka.blog63.fc2.com/tb.php/14-13123f56

 | HOME | 

手ブロ


COUNTER


MENU


PROFILE

蝶恋花

Author:蝶恋花
蝶恋花ですv
もそもそと絵を描いてます。


LINK

このブログをリンクに追加する

THE LATEST ARTICLE


TO ME

この人とブロともになる


宣伝中!

『俺のヒミツと男子寮』を応援中!『俺のヒミツと男子寮』を応援中! 『俺のヒミツと男子寮』を応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。